枝毛・切れ毛にならない日々のお手入れ公開!

健康・美容

枝毛・切れ毛にならない日々のお手入れ公開!

枝毛・切れ毛を防いでキレイな髪に♬

切れ毛を増やしてしまうNG習慣

切れ毛の原因を作ってしまうNG習慣の動画。
髪が熱や紫外線に弱く、普段の食習慣も髪の健康に負いに関係あるということが判明。
シャンプー後のドライヤーの前に
熱から守るヒートプロテクションをつけてから髪を乾かしたり、スタイリングすると良い。
また、紫外線で髪が傷むということはよく聞かれるものの、その対策は?というと何もしていない人は結構多いもの。
肌に日焼け止めを塗るように、髪にも日焼け度止めを塗ることが健康な髪をキープするためには必須。
最後に、ダイエットなどで偏った食事を続けると、髪に栄養が行き渡らなくなり結果、切れ毛の原因に。この3つを意識して実践するだけでも大きな差になるかも。
詳しくは、動画で確認!!

どうしたらキレイな髪になれるかな?

キレイな髪になりたいのあれば、気をつけることは4つあげられます。
1.紫外線
2.熱
3.摩擦
4.薬剤

特に、4の薬剤によるダメージが一番深刻で、これは、美容室のカラーやパーマなどによるものです。
利用している美容室では、パーマやカラーの際にトリートメントを一緒に勧められ、たまにやりますが、傷んだ髪にトリートメントを入れても意味がないということ。
現役の美容師さんによる動画なども紹介してきましたが、傷んだ髪は元に戻らないという意見は一致しています。

ここでの結論として、傷ませないこと、その工夫を普段からやるということです。
傷ませない工夫としたら、先にあげたカラーやパーマはまずやらないことでしょうが、特にカラーについては、最初全体的に染めたとしても、次回は伸びた分だけリタッチという形で、カラーを楽しめばいいと思います。
個人的にもこれは、賛成で、ずいぶん前からそのようにしているので、おかげさまでそれほど髪が傷まずにいい感じで、へアスタイルを楽しんでいます♬
ただ、リタッチについては動画でも言っていたように安くないので、そこが悩みどころです。
また、リタッチが上手でない美容師さんに当たると最悪です。
染めむらや段差が出たり…パーマのようにかけ直しできないので、リタッチするなら、上手な美容師さんを選ぶことが大事ですね。

パーマに関しては、最近は昔よりはずいぶん髪に優しい薬剤が出てきたとは言われますが、それでも、髪の組織を壊して、ウェーブを作るのですから、そこを理解して、たまにかける程度というのが理想ですね。

髪をキレイに健やかにというのであれば、できるだけケミカルなことをしないというのが鉄則です。

また栄養のバランスの取れた食事、無理のないダイエット、紫外線や熱から髪を守る、更には、髪同士がこすれ合わないような工夫をするなど、ここまでやれれば、特にトリートメント剤などに頼らなくてもイイ感じなヘアスタイルを楽しめますよ♬

12

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

カテゴリー

月別アーカイブ