乾燥の季節にバーユが効く!?とは!?

健康・美容

乾燥の季節にバーユが効く!?とは!?

馬油とは、古くから民間療法で使われている馬の油のことで、「バーユ」もしくは「マーユ」と呼びます。馬のたてがみやお腹の脂肪などを火にかけて煮立たせ、不純物を濾過したものです。約4000年前の中国騎馬民族の時代から使われているそうで、日本には約400年前に伝わったと言われています。

馬油は人間の皮脂に近い性質を持っている為、肌に塗るとすぐに浸透し、サラサラになります。そして、馬油は高度不飽和脂肪酸を多く含んでいる為、良質の油として知られており、やけどや切り傷の薬を始めとして、美容や健康のために様々な用途で使用されているものです。今回はそんな馬油に秘められた効果をご紹介してきます。

また、純粋な馬油は少しけもの臭がしますが、それほど気にはならないことが多いです。また、香り付きのものや無臭の商品も販売されています。便利な油ですので、より使いやすいような商品がたくさんあります。そんな馬油を使用した商品も後程ご紹介していきます。

出典 http://welq.jp

乾燥や肌荒れにバーユがどれほど効果があるのか?

ニキビにもバーユ

バーユのつけ心地は?

バーユを効果的に!正しい洗顔とは?

乾燥や肌荒れ季節に、肌馴染みが良く、赤ちゃんのお肌にも使えるバーユが注目されています。
その名の通り馬の油ですので、若干クセのある匂いがしますが、コスト的にみても植物オイルよりもずっと安価でしかも、浸透力が強く、抗酸化作用、殺菌作用にも優れているため、赤ちゃんでもOKなんですね。

肌の保湿が欠かせないアトピー性皮膚炎の人にも有効で、肌の炎症を抑えて熱を取るそうです。
バーユは、植物性脂肪と動物性脂肪の中間と言われています。
以上の点から、年齢を問わずまた肌荒れやニキビ、アトピー性皮膚炎にもいいのですね。
また、冬場の気温が低い季節にあっても、固まりにくく、使いやすかったという記憶があります。(気温が低い季節といっても、地域差がありますので、必ずしも書いた通りの実感がないこともあります。)
バーユについては、その特性から化粧品に使われることもあります。
バーユが肌の炎症を抑えるという特性上、敏感肌であっても使えるということが大きなウリになっています。
とは言うものの、化粧品というものは、様々な成分を混ぜ合わせて作られていますから、肌に合わない成分が混在しているということもあります。
特に、バーユはクセのある匂いがするので、それをマスキングするために香料を使っている可能性が多いです。
そういうことから、バーユ入りということのみにとらわれないで、本当に自分の肌に合うのかどうかということを確認してから使うようにするといいのではと思います。

12

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

カテゴリー

タグ

月別アーカイブ