室温より湿度!サーキュレーターの賢い使い方まとめ!!

健康・美容

室温より湿度!サーキュレーターの賢い使い方まとめ!!

湿度を制することで快適に♬

扇風機ではない、サーキュレーターの利点とは!?

電力不足や、省エネといった観点から、ここ数年主流になっているエアコンの温度設定28℃がやはり暑いということを動画で紹介していますね。
職場でも特に男性を中心に、そのような声をよく聞くものですが、日によっては確かに28℃では蒸し暑く感じるものです。

そこで、設定温度そのままに効率よく室内を冷やす目安として、サーキュレーターを紹介しています。

個人的にも大変役に立ってるサーキュレーターですが、その利点は、動画でも話されているように、低い位置で使うことで、下に溜まってしまっている冷気を上に持ってきてくれるということです。
室温を高さにかかわらず均等にしてくれるということは、扇風機屋エアコンではできないことです。
この動画を参考に、サーキュレーターの効率的な使い方を見直してみるのもいいですね♬

置かれた状況で、より快適に過ごすには…

贅沢を言えば、天然の建築材を使って家を建てるのが理想ですが、現実はそうも行かないもの。
この動画では、今後家を建てるのであれば、とても参考になる建築材料の選び方や、既に置かれた環境下で、いかに快適に過ごすかという工夫について、解説しています。

「呼吸する家」という表現を耳にしたことがありますが、本物の漆喰や無垢の木材にはそのような性質があり、非常に快適に過ごさせてくれます。
昔はどこの家もそのようでしたが、昨今は、ケミカルな建築素材で立てられる住宅が多く、ひどい場合は健康被害も‥。
これから、住宅を新築で持つというのであれば、ぜひ、参考にしてみてくださいね♬
また、最近では、気温が30℃以上、湿度も80%など、かつてはあり得なかったほどの気候になっています。
自然の風邪に任せられないので、この場合はエアコンと扇風機やシーリングファンなどを併用して、快適に過ごす工夫も紹介しています。

サーキュレーター悲喜交々

最高の仕上がりには必要なことなのかも

塗装関係の人と思われるツイート。
こういった仕事に携わっていないと、なかなか知る由もないものですね。

確かに気温、湿度ともに一定でないと、塗装の仕上がりにも大きく関わってくることは容易に想像できますね。

一方、人間も気温と湿度のバランスは重要で、体調にも関わってくることも…。
ここでは、無駄と感じているようですが、ベストコンディションを保つことにとっては必要不可欠なのかな?と思います。

湿度対策には、まずk是の入れ替えから…

梅雨時の湿度対策として、冷房に頼る前に扇風機やサーキュレーターを使うということは、エコロジーの観点からも健康面でもおすすめですが、それでも空気が乾かないようであれば、やはりエアコンの出番になります。

サーキュレーター単体で使うのは、あくまで、湿度がそこそこの場合(体感は個人差があります)、汗ばんでじとじと感が気持ち悪く感じるのであれば、熱中症にならないためにも、冷房は必要不可欠ですね。

自然に任せて湿度調節ということには、限界があります。
それぞれの体感温度の感じ方によりますが、湿度が高いな盗感じた時には、すぐにでもエアコンと扇風機、個人的にはサーキュレーターがおすすめですが、併用して使うべきでしょうね。

あらゆる手段を使ってみたものの…

このツイートの様子では、ファンを回しても、その風の抜け道が確保できていなのかなと思います。
これは実は最悪なパターンで、湿度も落ちませんが、最悪換気扇も壊れる可能性も…。
エアコン自体は締め切って使用するのが、通例ですが、換気扇については風の抜け道は絶対に必要です。

参考にしてみてくださいね♬

1

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

カテゴリー

月別アーカイブ