トレンドキーワード「梅雨 むくみやすい」を検索してみた!

健康・美容

トレンドキーワード「梅雨 むくみやすい」を検索してみた!

むくみと梅雨の関係とは⁉︎

むくみ解消のカギに迫る!

梅雨時期に起こりやすい、むくみ解消について動画で紹介しています。
一言で言えば、循環をよくするということ。
これは、個人的にも仕事柄同じことを話したりしているのと、実体験上、納得できます。
そもそもむくみは、体内の水分がうまく排出されずに、溜まってしまっているもの。
主に末端、特に脚の方に溜まりやすいです。
循環をよくする方法の一つして、入浴を勧めていますが、個人的にもオススメです。
できれば、入浴前にコップ一杯の水を飲むことをお忘れなく。
水も冷たいよりは、少々ぬるいくらいがいいでしょう。
これをすると、体内の水分を汗として出すことがスムーズになります。
そのための呼び水なんですね♬
特に汗が出にくいという人には、ぜひやって欲しいですね。
梅雨時期だから、少々のむくみは仕方ないと諦めてませんか?
むくみを放置していいことは一つもありませんから、少しでも気になるなら、溜め込む前にスッキリさせてみてくださいね!

梅雨時期こそ、むくみ対策を!

梅雨時期はむくみやすい⁉︎ウソ、ホント

梅雨時期だからといって、むくみ対策は何も特別なことをするわけではないようですね。
着圧ソックスは、個人的には使ったことないですが、むくみがひどいようであれば、使ってみるのもアリかな?と思います。
むくみ対策で意外な盲点はやはり、塩分の取りすぎでしょうね。
時期的に汗をかきやすいことや熱中症対策のために、多少の塩分は必要ですが、それでも日本人のほとんどは1日あたりの塩分の摂取量は多い方なのです。
ただ、むやみに塩分を制限しても現実的ではないので、塩分を摂りつつも、同時に余分な塩分を排出してくれるカリウムも摂取することが大事だと思います。
カリウム摂取の主な食材は、海藻類、果物では特にバナナがいいですね♬
摂取量と排出のバランスがうまく取れれば、むくみ知らずになれるかも!

仕方ないでは済まされない…

むくみを放置すると、色々弊害が出てくるものの、分かってはいてもなかなか効果的な対策が取れていない人も多いのでは?
梅雨で体の水分がうまく排出されないと、それはそれで不調の原因になるもの。
既に紹介した入浴も大切ですが、これは冷え対策にも有効です。
冬場と違って、梅雨時期の落とし穴として体の冷えが上げられます。
なんとなく肌寒さを感じるようであれば、保温できる服装の他、体を冷やさない工夫を複合的に行ってみることですね。
食事にしても、冷たいものばかり食べないように、温かいものを意識的に摂ることがオススメです。
体が温まっていれば必然的に代謝は良くなるので、むくまなくなります。
つまり、体液循環をよくしておくということが早道なんですね!

漢方の世界でも、梅雨時期のむくみ対策は必須ということ!

体の不要な水分を排出しないと、粘っこくなり、取れにくくなるというのがイマイチイメージしにくいですが、セルライトができる仕組みが、まさにそれに似ています。
体の外に排出されない水分が、同じく体内に蓄積された脂肪細胞とくっついて皮下組織に溜まるのがセルライトなので、このことに絡めてのことだと思います。
そもそもきちんと循環が行き届いていれば、むくみなども起きないので、食事や水分摂取などに注意して、むくまないようにするということが大事ですね。
むくみを放置すると、セルライトもそうですが、腎臓の機能不全にも関わってくるので、たかがむくみと思わずに、適切に解消するといいですね。

1

ピックアップ!

ピックアップ!

カテゴリー

月別アーカイブ