梅雨時が体感管理のキモ!変わりやすい天気に左右されない方法まとめ

健康・美容

梅雨時が体感管理のキモ!変わりやすい天気に左右されない方法まとめ

梅雨時に起こりやすい体調不良とは!?

試す価値アリかも♬

梅雨時の体調不良にぜひ、やってほしいことを紹介しています。
雨続きで気分的にも鬱々としてしまいがちなこの季節、まずは目に訴えるものとして、紫陽花や蓮の花の色を意識的に眺めるということを提案していますね。

特に紫陽花は、身近に咲いていることも多いので、目にしやすいですし、可能であれば、切り分けて室内に飾って色を楽しむということをおすすめしています。
色から得られるものはとても多く、できるだけ彩り豊かに生活に取り入れるといいですね♬
紫陽花一つとっても、青や紫、その中間とか、最近は赤みのある紫や白などとりどりですね。
ただ、ここで色彩を感じて欲しいのは、まさに紫陽花とはこんな色!というものです。
個人的には青紫が1番紫陽花らしいと思います。
蓮の花は、公園の池などにある場合もありますが、どこにでもあるわけではないですね?
この場合、画像で見るという方法もあります。
本物の持つパワー には若干劣りますが、画像などで見るということも効果はあるのですね。
ぜひ、試してみて欲しいと思います♬

更に、入浴にバスソルトを使うということもおすすめしています。
個人的にもいいと思いますが、使う塩は、粗塩が1番です!
理由としては、精製された塩よりも排毒作用に優れているからなのですね。
毎日でなくても、特に疲れを感じた時、中でも体の疲れよりも心の疲れを感じた時にオススメです❤︎

梅雨が終われば、暑い日が続きます。
今の時期の体調管理をおろそかにしないことで、夏バテや秋に体の疲れを引きずることはないと思います。
体調がよいと何でも楽しめますから、ぜひ、お試しくださいね!

最近「台風」は梅雨時期でも起こること多いです

ここでは主に「台風」と「低気圧」について、その時に起こる体調不良を色々上げています。
昔は秋のものだった「台風」も最近では、梅雨時期でも普通に発生します。
低気圧も含めて、人の体調不良に深く関係してくることなので、どのようにして乗り切ったらよいのか?ということをまとめています。

結論から言うと、とにかく体を冷やさないこと。これに尽きますね♬
時期的に気温が高いものですが、それだけに油断して冷たいものを取りすぎたり、エアコンを使いすぎたりするなど、注意が必要でもあります。

体を冷やさない工夫とは、体を温めること。
体を温める食材を積極的に摂る、動画では生姜や酸味のあるものを上げていますが、個人的にはそこに加味するなら、食べるものを選ぶ時に、暑い土地で採れたものか、寒冷な土地で生産されているものなのかを、チェックします。
一般的に、熱帯で取れるものには、体を冷やす作用があり、寒冷地で取れるものは体を温めるものが多いと言われています。
ただ、辛いものについて、これは一概に言えないもので、熱帯地方でもそうでない所でも辛いものは普通に食されます。
熱帯地方の人が辛いものを食する目的は、暑さに夜体力の消耗を防ぐということでと聞いたことがあります。
また、暑い地方では食べ物が傷みやすいということもあります。
保存目的でも香辛料は必要ですね。

動画では体を冷やさない工夫としてももう一つ、お風呂を活用することを勧めています。
時期的にうっとうしいため、シャワーで済ませる人も少なくないですが、これでは疲れも取れませんし、なによおりも体が温まりません。
長湯する必要はないので、ぜひ、湯船に入ることをおすすめします。

梅雨

梅雨時だから気をつけたいこと

いつも以上に気をつけたいものです

胃もたれについてのツイート。
胃腸が乾燥した状態を好むということは初耳で、興味深く思ったので、紹介してみました。
この真逆なことが引き起こされる原因としては、暴飲暴食や脂っこい食事の取りすぎ、同じく甘いものの取りすぎ、アルコールなど。

何事もほどほどがいいということですね。
特に梅雨時期はなんと言っても、体調不良が起こりやすいもの。
アルコールの摂り過ぎは、むくみを引き起こしますし、脂っこい食事については塩分過多も心配されます。
両方に共通しているものとして一概には言えないものの、外食が挙げられるように思います。
個人的には、外食をあまりしないので、時々外食すると、自宅で食べることとは違った美味しさを感じることがあります。
ただ、食後にやたらと喉の渇きを覚えるなど、思っている以上に塩分を摂っているんだなと感じるものです。
アルコールもしかりですね。
内蔵の調子が良くないと、色々なことに支障をきたします。
特に食欲不振は、この時期の不調の定番だったりします。
ですので、食欲不振を招かないためにも、胃腸を丈夫にしておくこと、いつも同じ食欲であることは、暑い時期の熱中症対策のためにも必要です。
思い当たることがあるのなら、今のうちから少しずつ節制しておくことをオススメしますね。

耐性をつけることについて

体調不良をも含めて、日々いろいろな形で耐性をつけておくということを実践している人が居るものなんですね。
主に耐性をつけるということにおいてよく行われるのは、アルコールに対するものですね。

梅雨に対して耐性をつけるということについては、特にこれといったものはないようい思いますが、梅雨時期の体調不良について、気圧の変化に伴うものは薬を飲むなど、治療的なアプローチしかないように思います。
体質改善をはかるなら、漢方を処方してもらうとか、ヨガなどで健康を促進するとか…いろいろあるかなと思います。
耐性をつけるというよりは、予防をするといった意味合いですね。
個人的には、耐性をつけることよりも、そうならない体つくりの方が全然効果的なように思えます。
その方がひいては、季節や気候変動に左右されない健康を手に入れることができると思うからです。
一人一人の健康のあり方は違っていますから、自分の体質や気質に合わせて行うことがいいと思います。

1

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

カテゴリー

タグ

月別アーカイブ